株式会社カフーノート :: KAFUNOTE

オーナーの悩み

土地を貸すことには、さまざまな悩みがつきものです。ここではよく聞かれるオーナー様のお悩みの例と、それに対するカフーノートのアプローチについてご説明いたします。

初めての土地活用。土地を貸すと返ってこないのでは?

〈定期借地契約をお勧めします〉

ロードサイド店舗では大きく2つ契約があります。1つは土地だけを貸す「事業用定期借地権設定契約」、もう1つは建物を建てて貸す、「建物賃貸借契約」。圧倒的に家主様にとってリスクが低いのは、事業用定期借地です。建築コストはテナント負担で、中途撤退や契約満了時には、建物を解体し更地にして返還して頂けます。

  • 事業用定期借地権設定契約とは

    契約時に借地期間(10年~30年)を定め、土地を賃貸借契約をする方法。期間満了時に貸主のもとへ更地で土地が返る賃貸借方法。建物初期投資の必要がなく、事業リスクの低く収益も得れるローリスク・ミドルリターンの事業。

  • 建物賃貸借契約とは

    貸主が自分の土地に建物を建設し賃貸借契約をする方法。賃借料と高い保証金を比較的高めに設定できるメリットがある反面、建物への初期投資が必要になり、水面下のリスクも発生するミドルリスク・ハイリターンの事業。

カフーノートの回答

建物を保有する「建物賃貸借契約(リースバック方式)」ではなく、収益は少し下がるが更地で返還される「事業用定期借地契約」をおすすめします。

初期投資、賃料値下げリスクの回避も可能です。